2017021900



<材料/1人分>
博多万能ねぎ    1/2束
豚薄切り肉      80g
うどん         1玉
うどんつゆ      1人分
カレールー      1/2人分~お好みの量
(水溶き片栗粉)
片栗粉        小さじ1
水           大さじ1

<作り方>
1.うどんは茹でて、水気をきり、器に入る。
2.博多万能ねぎは3センチの長さに切る。豚肉は食べやすい大きさに切る。
3.鍋にうどんつゆを入れて火にかけ、沸騰したら豚肉を入れる。
 時々アクを取り除き、火が通ったら、博多万能ねぎを加え再度沸騰させる。
4.3にカレールウを加え溶けたら、一旦火を止めて水溶き片栗粉を加え混ぜる。
5.再び火にかけて、とろみが出たら火を止め1にかける。

※カレールーの量はお好みで調整してください。
※いつも通りに作ったうどんにカレールーを加えるだけです!簡単★


レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!




今日のきれいポイント

博多万能ねぎのベータカロテン
風邪と老化をダブルで予防

******************************



まだまだ寒い日が続く毎日。

春が待ち遠しいけれど

寒いからこそ
美味しくいただけるものがあることも事実。


その代表のひとつである
カレーうどん。


これ、お店に行かなくても
カレールーがあれば

家でも簡単に作れちゃいます♪


作り方は本当に簡単で、

いつも通りに調合したうどんつゆを沸騰させ
豚肉と博多万能ねぎを茹でたら

お好みの量のカレールーを加えるだけ!

2017021901



水溶き片栗粉でゆるくとろみをつけたら
ゆであげておいたうどんにかけて完成★

2017021902




美味しいだしのきいたうどんつゆと

そもそも美味しく調合されている
カレールーの組み合わせ。


美味しくないわけがありません。笑


いつものうどんにちょっと飽きたら
ぜひカレールーを!


簡単すぎて、
美味しすぎて、

きっとハマります♪

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
スポンサーサイト
博多万能ねぎ | トラックバック(0)
2017012300


<材料/2人分>
絹ごし豆腐         1丁
米粉(または片栗粉)   適量

博多万能ねぎ       1/2束
豚ひき肉           50g
にんにく           1/2かけ
サラダ油 
(A)
しょうゆ           大さじ1
砂糖             大さじ1/2
鶏がらスープの素    小さじ1/2
しょうがのすりおろし   小さじ1/2
(水溶き片栗粉)
片栗粉           小さじ1
水              小さじ2

<作り方>
1.豆腐は厚さ1センチに切り、全体に米粉をふり、
 サラダ油を熱したフライパンで焼く。全体に美味しい焼き色が付いたら皿に移す。

2.博多万能ねぎは小口切りにする。にんにくはみじん切りにする。
3.小鍋にサラダ油を熱し、ひき肉とにんにくを炒め、ひき肉に火が通ったら
 水200㏄とA、博多万能ねぎを加える。
4.ねぎに火が通ったら一旦火を止め、水溶き片栗粉を加えて全体を混ぜたら
 再び火をつけてひと煮立ちさせる。
5.1に4をかけたら出来上がり。

※豆腐はそのままではなく、揚げ出し豆腐のように衣を作ります。

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!




今日のきれいポイント

博多万能ねぎのベータカロテン
風邪と老化をダブルで予防

******************************



こう寒いと
どうしても恋しくなる餡かけ系。


ということで、先日のかき玉あんかけうどんに続き
今日は餡かけ豆腐♪


温まるうえに

にんにく、ねぎ、しょうがという
美味しい薬味たちのおかげで

料理に自信がなくても
おのずと美味しく仕上がります。

そして、風邪予防にも効果的。



ちなみに、豆腐はそのままではなく
揚げ出し豆腐のように衣を作るのががポイント。

カリッとした衣に
薬味たっぷりの餡が絡むと

2017020901



ホント美味しいのです♪



と、ここで
こだわりたいポイントがひとつ。

カリッとした衣にするために
ふるう粉はぜひ米粉で!



でも、これだけのために米粉を買うのはちょっと・・・
という心配はもちろんご無用。


米粉はその他

ごぼうのフライ カレー風味や唐揚げ、
ごぼうのフライ



干し芋の天ぷらなど天ぷら類、
干し芋の天ぷら



そしてチヂミにも!
チヂミ



と、いろいろ使え、
カロリーや使いやすさ等、メリットはたくさん。



一度使うと
薄力粉や片栗粉に戻れなくなる米粉。

一家に一袋あって
きっと損はありません~★


レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
博多万能ねぎ | トラックバック(0)
2017020400


<材料/1人分>
うどん         1人分
博多万能ねぎ    1/2束
卵           1個
うどんのつゆ    お好みのもの300cc
(水溶き片栗粉)
片栗粉        小さじ1
水           小さじ2

<作り方>
1.博多万能ねぎは半分の長さに切る。
2.うどんを茹でる。茹であがり1分前に1を加え
 茹で上がったら水気を切り、どんぶりに入れる。
3.鍋にうどんつゆを沸騰させたら一旦火を止め、水溶き片栗粉を加える。
 全体を混ぜたら再び火をつけ、沸騰したら溶いた卵をゆっくり加えてかき玉にする。
4.2に3をかけて出来上がり。

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!




今日のきれいポイント

博多万能ねぎのベーダカロテン
風邪と老化をダブルで予防


******************************



豊富なベータカロテンで
風邪と老化をダブルで予防してくれる博多万能ねぎを

彩りのためにで最後にぱらりと散らすだけでは
もったいない!



麺類の場合、
あの細長い姿を活かし

麺の茹であがり1分前に
半分の長さに切った博多万能ねぎを加えると

彩りで散らすより遥かに博多万能ねぎを
たっぷり食べることができます!

2017020401



ということで、
今日は今の季節にぴったりな
かき玉あんかけうどんバージョン♪


茹で上げ後、
どんぶりに入れてスタンバイ。

2017020402




きれいなかき玉にするために
うどんのつゆに水溶き片栗粉を加えて

2017020403



とろみをつけてから
卵を投入!

2017020404



できたかき玉あんかけを
うどんにかけたら完成です★


どうしても栄養が偏りがちな麺類。

そういう意味でも
これはやって損はなし。


とーってもおすすめです♪


レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
博多万能ねぎ | トラックバック(0)
2017012800


<材料/2人分>
大根     3センチ位
にんじん   5センチ位
ごぼう    15センチ位
豚肉     50g
キムチ    50g
味噌     適量
だし汁    適量
サラダ油  少々

<作り方>
1.大根とにんじんは1センチ角に切る。
 ごぼうは縦半分に切り、1センチ幅に切る。
 豚肉とキムチは食べやすい大きさに切る。
2.鍋に少量のサラダ油を熱し、豚肉を炒める。
 火が通ったら、大根、にんじん、ごぼうを加えてひと混ぜする。
3.具が浸る位のだし汁を加え中火で煮て、アクが出てきたら軽く取り除く。
 キムチを加えて蓋し、弱火で10分煮込む。
4.味噌を加えて味を調える。

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!




今日のきれいポイント

にんじんのベータカロテン潤い肌をGET
ごぼうの食物繊維腸内美人

******************************



土の中で育ったか、
土の上で育ったか、で

いろいろと分類がある野菜。


例えば茹で方。

土の中で育った野菜は
水から茹で

土の上で育った野菜は
お湯から茹でるのが基本。


他には、

土の中で育った野菜は
体を温め

土の上で育った野菜は
体を冷やすとも。


また、絶対ではないけれど

土の下で育った野菜は水に沈み
土の上で育った野菜は水に浮くという

繁殖をする上で野菜が身につけた(?)
なんとも不思議な傾向もあったり。


何はともあれ
冬はやっぱり体の中から温まりたい!

という事で、
体を温まめる効果のある
土の中で育った野菜達と

同じ体を温める効果のある
キムチを一緒に煮込んだ味噌スープが

今日のレシピ★


コロコロと角切りに切った
野菜の食感も

美味しくいただく
大事なポイントのひとつです♪



レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
ごぼう | トラックバック(0)

【肌】 春菊のスープ餃子

2017/01/24 Tue 12:00

2017012300


<材料/10~15個分>
春菊           1/2束
豚ひき肉        100g
水餃子の皮      20~25枚位
鶏がらスープの素  適量
塩・こしょう       適量
(A)
酒            大さじ1
ごま油         大さじ1/2
塩            小さじ1/4
粗引き黒こしょう   小さじ1/4

<作り方>
1.春菊は1センチの長さに切りボウルに入れ、塩小さじ1/3(分量外)を加えて
 ざっと混ぜて5分置いたら、ぎゅっと絞って水気をしっかり切る。
2.ボウルにひき肉と1、Aを入れてよく混ぜ合わせ、皮で包む。
3.鍋に適量の水を沸騰させ、2を加えて茹でて火を通したら
  鶏がらスープの素、塩・こしょうを加えて味を調える。

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!




今日のきれいポイント

春菊のカロテン乾燥肌&風邪予防

******************************



鍋とお財布に大活躍な
白菜や大根の出番が多くなるこの季節。


でも、あまりに頼り過ぎ、

気がつくと
緑黄色野菜が案外不足がちに。


そんな今の季節の緑黄色野菜といえば
白菜同様、鍋のお供である

春菊★


その豊富な栄養で
美容面、健康面の両方を

しっかりサポートしてくれます。


中でも豊富なベータカロテンは
粘膜を健康に保つ働きがあり

乾燥肌の防止や風邪予防と
まさに今が効果の発揮時。


じゃ、意識してたっぷり食べなきゃ!
と思ってみたものの

鍋以外のレパートリーが
割と少なかったり…しませんか?笑


という事で
簡単で美味しく、体温まる水餃子。


ぜひレパートリーに加えていただけると
幸いです♪


レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
春菊 | トラックバック(0)
 | HOME | Next »