スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014111700


<材料/お好みの量>
生ピーナッツ    お好みの量
塩          少々

<作り方>
1.殻をから出して薄皮つきのままのピーナッツを
 フライパンで香ばしい香りが立つまでじっくり炒る。
2.薄皮を取り除いたらフードプロセッサーに入れて
 4~5分ペースト状になるまで混ぜる。
3.塩ひとつまみ~ふたつまみほど加えて、ひと混ぜする。

※甘みをつけたい場合はお好みで砂糖を加えてください。


レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!




今日のきれいポイント

ピーナッツのビタミンE若返り♪
またアルギニンの抵抗力UP効果風邪予防&疲労回復効果

******************************



今年も千葉の実家の家庭菜園で
たくさんの落花生を収穫。

例年通り、
殻から出して薄皮付きのままフライパンで

香ばしい香りが立つまで
根気よく炒って、炒り落花生に。


この炒りたての落花生が
言葉にならないくらい美味しい~!!!

もうね、お店で売られているおつまみの落花生とは
全くの別モノ。

この炒り落花生が毎年の楽しみなのです♪


さらに今年は
気になっていたピーナッツペーストに挑戦☆

といっても
フードプロセッサーをひたすら回すだけですが。苦笑


調べてみると、ペーストにした後、
バターや砂糖等々で味を調整するレシピが多かったのですが

私的にはほんの少しだけ塩を加えただけの
超シンプルなピーナッツペーストが一番!

ピーナッツ自体の甘みを感じられて
まさに自然の恵み☆


といっても
これは好みの問題ですが。。

ちなみに
甘みを足したい場合は、何度か試してみた結果

はちみつやメープルシロップだと
ピーナッツの風味が負けてしまうので

普通の砂糖がいいなと、思いました。


と、これも好みの問題か。笑


なかなか生のピーナッツは手に入らないかもしれませんが
手に入った時はぜひピーナッツペーストを♪


美味しさに加え、
余計なものも入っていないので安心、

という面でもおすすめです!




▼炒ったピーナッツをフードプロセッサーに入れ
2014111701



▼1分位で粉っぽくなります
2014111702


▼3分を過ぎたあたりから
 ごろごろまとまりだし
2014111703



▼5分位経つと
 十分に脂も出てちゃんとペーストに♪
2014111704



▼塩少々を加えてもう一回軽くまわしたら完成!
2014111705

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
スポンサーサイト
★自家製 | トラックバック(0)

しょうがジャム

2010/07/26 Mon 12:00

しょうがジャム


<材料/作りやすい分量>
新しょうが   100g
砂糖       60g

<作り方>
しょうがはすりおろし、汁ごと鍋に入れ、砂糖と水大さじ2も加え
中火にかけて時々混ぜながら水分が少なくなるまで煮詰める。

※砂糖が少なすぎるとしょうがの苦みが際立ってしまいます。
 砂糖はしょうがの60%ほどがおすすめです。
※新しょうががない場合は、若干繊維が残りますが通常のしょうがでも作れます。

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!



ちょっと歩いただけで
汗が噴き出す毎日。

思った以上に
体から水分が失われているので

こまめな水分補給が
ホントに大事。


最近のお気に入りは
しょうが入りお酢ドリンク。

ストックしてある
しょうがジャムと

お酢を
氷水に溶かしたもの。


さっぱりして
これヤミツキ♪


暑い外から
クーラーで冷えた部屋へ、を
繰り返していると

体温調整の機能が弱ってしまい
冷えた体を適温まで上げることが

できにくくなる傾向に。


慢性的になると
「夏バテ」の原因にも。


そんな時には
体を温める効果がある

しょうが入りドリンクがおすすめ!


しょうがジャム。

パンにつけても
クリームチーズと合せても。

そしてドリンクにも!


ストックしておくと
何かと便利な手作り

しょうがジャムです★




▼汁ごと砂糖と一緒に煮詰めるだけ!
砂糖と一緒に煮るだけ

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
★自家製 | トラックバック(0)
トマトのコンフィチュール


<材料/作りやすい量>
カットトマト缶        200g
グラニュー糖        40g
レモン汁           少々

<作り方>
1.鍋にトマト缶とグラニュー糖を入れ2/3弱程度になるまで煮詰める。
2.レモン汁を加えてひと混ぜする。


レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!



今、「コンフィチュール」が大流行しています。
コンフィチュールとはフランス語でジャムの意味です。

コンフィチュール専門店
コンフィチュールのレシピ本
コンフィチュールのお取り寄せetc。。。


代表されるいちごやブルーベリーにとどまらず、マンゴー、バナナ、
そしてオリーブやたまねぎ、そしてバラの花など

今までの「ジャム」の常識を覆す商品がたくさん!

今のグルメ時代、
「ジャム」とは違った新発想のジャム=「コンフィチュール」が
注目される理由がわかるような気がします。


【ご参考までに】
■日本のコンフィチュールの先駆け、
 あのパティシエ辻口さんプロデュースのお店
 『コンフィチュール・アッシュ』

■東京コンシェルジュ 
 #85 一人の女性がジャムの歴史を変えた!


私のお気に入りは「トマトのコンフィチュール」。
トマト缶と砂糖を合わせて煮詰め、最後にレモン汁少々を混ぜる。

たったこれだけでとーってもおいしいコンフィチュールの完成★

トマトの酸味と砂糖の甘さのバランスが絶妙で後引くおいしさなのです!
今まで食べたジャムの中で、ダントツのおいしさ!!
(...と自負しています;;;)

普段はごはん党なのですが、これを作ると毎食パンになってしまうほど。


トマト缶を使ってお手軽にできるのでおススメです★


レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
★自家製 | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。