チンゲンサイと厚揚げのソテー丼




<材料/2人分>

チンゲンサイ     1株

厚揚げ         1枚

しょうが         1かけ

サラダ油        小さじ2

ご飯           お茶碗2杯分



(A)

オイスターソース   大さじ1と1/2

酒            大さじ1と1/2





<作り方>

1.チンゲンサイは縦8等分し、長さ1/3に切る。

 厚揚げは幅1センチに切る。しょうがは千切りにする。

2.フライパンにサラダ油を熱し、チンゲンサイの茎の部分を入れさっと炒めたら

 水大さじ2を加えて蓋をし、1分蒸し焼きにする。

3.2に残りのチンゲンサイと厚揚げ、しょうがを加えて炒めAを加えてひと混ぜする。

4.器にごはん、3を盛る。フライパンに残ったAも回しかける。



・・・ いつも1クリックありがとうございます ・・・ 



人気blogランキングへGO!







庭の菜園が淋しい状態になって数週間。



いろいろと調べていると

チンゲンサイって家庭菜園で簡単にできるらしい☆





しかも、秋の今の季節なら種を蒔いてから

50~60日で収穫でき、



ミニチンゲンサイなら更に早く

20日前後で収穫!



コレは魅力的♪





ただ、やっぱり気になるのがムシ。





「チンゲンサイは

ムシに気をつければ、育てるのは簡単」





なんていう、キャッチフレーズも

あるほど・・・





そろそろ、菜園に華やかさを取り戻したいし、

成長過程を見る楽しみもまた味わいたいし。





コナガ、アオムシ、etc。





と、チンゲンサイの栽培方法とセットで紹介されている

彼らと私は戦えるのか。。。





一晩?二晩?

寝て考えよう。。。







▼チンゲンサイと厚揚げはフライパンの中でそれぞれに炒め

 調味料を加える前に合わせると、厚揚げがぼろぼろにならずにすみます

チンゲンサイと厚揚げはフライパンの中でそれぞれに炒めます



人気blogランキングに参加しています!    

1クリックしていただけると励みになります!  

 
人気blogランキングへGO!



スポンサーサイト
ちんげん菜 | コメント(0) | トラックバック(0)

チンゲンサイの甘酢しょうが漬け




<材料/作りやすい分量>

チンゲンサイ    1株

しょうが        1かけ



(甘酢)

お酢          1/2カップ

砂糖          大さじ2と1/2

塩            小さじ2/3

しょうがの千切り  1かけ分



<作り方>

1.チンゲンサイは縦8等分に切り、耐熱皿にのせラップをして2分加熱する。

 食べやすい長さに切り深めの保存容器に入れる。 

2.甘酢の材料を鍋にいれて火にかけ、砂糖がとけたら火を止め粗熱をとる。

3.2を1に入れて、一晩漬ける。



・・・ いつも1クリックありがとうございます ・・・ 



人気blogランキングへGO!









楽しいお酒の置き土産?!

翌日が辛いこと、しばしば・・・





そんなお土産をいただいてしまわないために!

お酒のお供を一工夫。



お酒を飲む前に牛乳を飲むといいよ、とか

枝豆をおつまみに、などいろいろありますが



意外と知られていないお酢の効果。





お酢は肝臓の働きを活発にし、

代謝をよくしてくれるので二日酔いに効果的!



居酒屋のメニューにある酢の物や、もずく酢などは

とっても理にかなった一品☆





で、野菜ソムリエとして。



やっぱり野菜も一緒に摂ってもらいたい~!

ということで、チンゲンサイを使ったお酢料理をご提案。



甘酢に一晩。



しっかり甘酢に漬かったチンゲンサイのおいしさは

知ってしまうとヤミツキに♪





そして嬉しいことに、

お酢はカルシウムの吸収を助けてくれるので、



野菜の中でもカルシウムを多く含む

チンゲンサイとの組み合わせはBEST☆





もちろんお酒のお供にだけではなく、

普段の食事にも。





冷蔵庫に常備していると

なにかと重宝します♪







▼あと一品おかずかほしい時にも!

2008091201.jpg



人気blogランキングに参加しています!    

1クリックしていただけると励みになります!  

 
人気blogランキングへGO!


レシピブログにも参加中♪    





ありがとうございます★  



ちんげん菜 | コメント(0) | トラックバック(0)

チンゲン菜とコーンのエスニックチャーハン




<材料/1人分>

チンゲン菜  1株

コーン     大さじ2

ナンプラー  大さじ1

ご飯      お茶碗1杯分



サラダ油



<作り方>

1.チンゲン菜は茎は1センチ幅、葉は2センチ幅に切る。

2.フライパンにサラダ油を熱し、1を加えてさっと炒める。

 引き続きご飯を加えて全体をざっくり混ぜ合わせたらコーンとナンプラーを加えて

 味を馴染ませる。味が薄ければ塩少々でで味を調える。



・・・ いつも1クリックありがとうございます ・・・ 



人気blogランキングへGO!







焼きとうもろこし。



定番はしょうゆ味。

でも、これをナンプラーに変えると

これまた別格のおいしさの焼きとうもろこしになる!





らしいのです。





バーベキューで絶対やる!と思いつつ

そんな機会がこの夏はそんな機会がまだ来ていなく。





気になる。。。





ひとまず焼きとうもろこしはバーベキューまでのお預けとして、

気になるナンプラーとコーンの組み合わせにチャレンジ。





フライパンでコーンにナンプラーをふりかけて

さっと炒める。





おっ!美味しっ♪





これがこんがり焼いたとうもろこしだったら。。。

うん、間違いなくおいしいハズ☆





と、今日はコーンとナンプラーの絶妙な組み合わせを

チャーハンでアレンジ。



今回のパートナーはチンゲン菜。

淡白な味で、日本では意外と地味な存在のチンゲン菜ですが

実は栄養が豊富な野菜。





美肌効果のビタミンCを多く含み、

更に抗酸化作用のベータカロテンを

ピーマンの6倍も含むというからあなどるなかれ!!





なかなかレパートリーが増えないチンゲン菜料理ですが

これは大発見。



コーンとナンプラーの美味しい組み合わせを知り、

そしてチンゲン菜料理のレシピがひとつ増え。





気がつけば

一石二鳥のお得なチャーハンなのでした☆



人気blogランキングに参加しています!    

1クリックしていただけると励みになります!  

 
人気blogランキングへGO!


レシピブログにも参加中♪    





ありがとうございます★  



ちんげん菜 | コメント(0) | トラックバック(0)
チンゲン菜のパパッとしょうが炒め


<材料/2人分>
チンゲン菜     2株
しょうが       1かけ
ごま油


<作り方>
①チンゲン菜は縦に2~4等分、長さは半分に切る。
 しょうがは千切りにする。
②フライパンにごま油を熱し、しょうがとチンゲン菜と茎→葉、
 の順でさっといためて軽く塩ふり味を調える。



駅前のスーパーでは店頭に「本日のおすすめ!」というコーナーがあり、毎日日替わりで野菜の安売りをしています。

今日は3株98円のチンゲン菜。安いっ

となると、必然的に夕飯の一品は決まったも同然。

常備してあるしょうがと合わせて10分で作れる「チンゲン菜のパパッとしょうが炒め」に決定

ほうれん草や小松菜など、同じ葉ものの野菜とは、一味違ったおいしさ。

しょうがと少々の塩、というとってもシンプルな調理方法でも、なんでこんなにおいしいのか本当に不思議です。

このおいしさが日本人にウケ、チンゲン菜は、もっとも身近な中国野菜となりました。

淡白で、アクもほとんどないので、炒め物、あんかけ、クリーム煮、お浸しと、どんな料理とも相性が良いのが人気の秘訣です。

栄養面でもビタミンCやカロテンが豊富。

カロテンに関してはなんとピーマンの6倍

一見ピーマンのほうが栄養満点!に見えますが、チンゲン菜のほうがウワテです。

カロテンは、抗酸化作用があるので、積極的に摂ってアンチエイジング

特に旬があるわけではなく一年中手に入るので、いろいろな調理方法でたっぷりと食べたい野菜のひとつです。

ちなみにチンゲン菜は、結球しない(葉が玉の状態にならない)白菜の仲間。

言われてみれば白菜…ですが、でも意外?!な感じです。


人気blogランキングに参加しています!
チンゲン菜好きな方も、苦手な方も、
1クリックしていただけると励みになります!
人気blogランキングへGO!

ありがとうございます★
ちんげん菜 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |