fc2ブログ
焼き餅入りさつまいものミルクぜんざい


<材料/1人分>
さつまいも  120g
砂糖     大さじ1~
牛乳     100㏄
もち     適量

<作り方>
1.さつまいもを蒸し器で蒸す。
2.幅約1センチの輪切りをトッピング用に2つ取り分けいちょう切りにし、
 残りは皮をむいて、熱々のうちに砂糖を加えてフォークなどでよくつぶす。
3.2を小鍋に入れて牛乳と合せて弱火で温めながらよく混ぜ合わせ器によそる。
4.網(またはフライパン)でこんがり焼いたおもちとトッピング用の
 さつまいもをのせる。

※砂糖はお好みで調整してください。
※固めに仕上がってしまった場合は、牛乳を加えてのばします。
※甘みの強いねっとり系のさつまいもを使うのが理想的です!

レシピブログに参加しています★
料理の達人がたくさん♪たのしい企画もぞくぞく♪
お料理好きさんはこちらをクリック⇒レシピブログバナー




今では電子レンジがない生活なんて
考えられないほどキッチンでは大活躍!


すぐに温かいものが食べられるし
野菜の下ごしらえも簡単♪


じゃがいもだって
あっという間にホクホクに。

時間の短縮、
そしてエコ★


じゃ、電子レンジは
すべてに万能かというと

そうではなく。


ほうれん草は、茹でることで
えぐみの元のシュウ酸が取り除けるし


さつまいもは70~80度の低温で
じっくり時間をかけて加熱することで
甘みの成分が引き出されるので

美味しさを求めるなら
一気に加熱する電子レンジは
ちょっと不向き。


確かに、電子レンジで
簡単に加熱したさつまいもは

どんなに甘い品種を使っても
パサっとして味に深みがなく
焼き芋には程遠い。



一見万能な電子レンジだけれど
素材によって使い分けが必要。

そのちょっとしたポイントで
美味しさが左右されるので

知っていて損はしない
電子レンジと素材の関係です。





▼甘みを引き出すには時間をかけて加熱!が
 ポイント
甘みを引き出すには時間をかけて加熱




▼熱々のうちに砂糖を加えて混ぜ合わせます
熱いうちに砂糖を加えます



▼さつまいもが水分を吸っていくので
 少しゆるめに仕上げます
さつまいもが水分を吸っていくのでゆるめに仕上げて

レシピブログに参加しています★
料理の達人がたくさん♪たのしい企画もぞくぞく♪
お料理好きさんはこちらをクリック⇒レシピブログバナー
関連記事
スポンサーサイト



さつまいも | トラックバック(0)