スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ひき肉の薬味納豆炒め

2010/04/14 Wed 12:00

ひき肉の薬味納豆炒め


<材料/作りやすい分量(3~4人分)>
納豆       2パック
ひき肉      80g
長ねぎ      1/2本
しょうが      1かけ
にんにく     1かけ
ごま油
葉もの野菜   お好みの量
※サニーレタス、サンチュ、サラダ菜など

納豆の付属のたれ
しょうゆ

<作り方>
1.納豆は水でさっと洗いぬめりを取る。
  長ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切りにする。
2.フライパンにごま油を熱し、ひき肉を炒めたら長ねぎ、しょうが、にんにくを加え
 全体に火が通ったら納豆を加えてひと混ぜする。
 納豆のたれで味つけし、足りない場合は醤油で味を整える。
3.葉もの野菜で包んで召し上がれ♪

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!



薬味とは

------------------------------------------
料理に少量加えることでその味を引き締め
香りを添えて食欲をそそる効果を出すため

あるいは料理に彩りを添えるために用いられる
香辛料や野菜などの総称。

(Wikipediaより)
------------------------------------------


確かに。

にんにく、しょうが、長ねぎの3大薬味を使うと
味が引き締まりたいてい美味しく出来上がる!


なので、
うちは薬味の消費スピードが早いっ。

困った時には
すぐに薬味の登場です☆


薬味で味を引き締めると
調味料も極力控えることができるので

健康面でも安心。


また、薬味はそれぞれ
様々な効能をもっているので

複数を組み合わせると
お互いに足りない効能を補えて

より効果的★


にんにくには少ない
『 消化機能の促進 』をしょうがとねぎが。

ねぎには少ない
『 殺菌・抗菌作用 』をしょうがとにんにくが。


等など。


とにかく、
ねぎ、しょうが、にんにく。

この3つは常備して損はなし!


この3つの薬味と納豆を使った
ひき肉の炒め物。


3つの薬味、ひき肉はもちろん
納豆も冷凍できるので

それぞれ冷凍しておけば
万が一、おかずに困った時にも

あっという間にできてしまう
便利な一品。


緑の葉もの野菜に包んで食べれば
薬味に足りないベータカロテンも同時に摂れて

あぁ、もう無敵★


ダイエットに、
美容と健康に。


おススメの一品です!





▼納豆はさっと洗ってぬめりをとってから炒めます
納豆はさっと洗ってぬめりをとってから炒めます



▼納豆に付属のたれで味つけ!
納豆に付属のたれで味つけ!



▼万が一!
 残ってしまったら卵焼きの具として利用♪
万が一!残ってしまったら卵焼きの具として利用♪

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
関連記事
スポンサーサイト
ねぎ | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。