スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

韓国風味のトマト丼

2010/06/14 Mon 12:00

韓国風味のトマト丼


<材料/2人分>
トマト       2個
しそ        4枚
ごはん
(A)
コチュジャン    大さじ2
ごま油       大さじ1
砂糖        小さじ2
白ごま       小さじ2

<作り方>
1.トマトは約2センチほどの食べやすい大きさに切る。
2.ボウルにAを合せ、1を加えてざっくり混ぜ合わせる。
3.器にごはんをよそい、しそ→2の順に盛る。

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!



トマトの赤い色素である
リコピン。

このリコピンの抗酸化作用は
若返りのビタミンと言われる
ビタミンEの100倍!

ということで

トマトは美意識の高い世の女性たちに
大人気の「野菜」。


そう、一般的にはトマトは
「野菜」という認識だけれど


実は、植物学上の分類では
トマトは果実。

つまり「果物」。


しかし
日本の農作物の分類では
「木になるのが果物」と決められているので

茎になるトマトは
「野菜」に分類されていて

私たちもトマトは「野菜」として
扱っています。


野菜か果物か。

ま、どちらだとしても
トマト好きには
そうたいした問題ではない気がするけど

かつてアメリカでは
トマトは野菜か果物か、で
裁判沙汰になった歴史あり。

それは輸入の際、
果物には関税がかからなかったけれど
野菜は有税だったため。

いろいろ議論された末、
結果は「野菜」に軍配だったとのこと。


アメリカ、日本同様
今では世界のほとんどで

トマトは「野菜」という認識。



一番好きな「野菜」は?と聞かれると
必ずトマト!と答えているけど

実はいろいろと
歴史&事情があっての

野菜としてのトマトなんだね~。



▼韓国風のタレとトマトを混ぜれば完成!
コチュジャンベースのタレと絡めて完成!

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
関連記事
スポンサーサイト
トマト | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。