スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
夏の終わりを告げる和風カレー


<材料/2人分>
なす             2~3本
おくら            1袋
たまねぎ          1/4個
にんにく           1かけ
豚薄切り肉         100g
めんつゆ(ストレート)  100cc
カレールウ         2個~
サラダ油
ごはん

<作り方>
1.なすは1センチ幅の半月切りにする。おくらは半分の長さに切る。
 たまねぎは薄切りにする。にんにくはみじん切りにする。
2.フライパンにサラダ油とにんにくを入れて弱火で熱し、にんにくの香りが立ったら
 なすをくわえて、にんにく風味のついた油を吸わせるように炒める。
3.なすがしんなりしてきたら豚肉とたまねぎを加えて更に炒める。
4.たまねぎがしんなりしたら、水200ccとめんつゆ、ルウを加えてもったりするまで煮込み
 最後におくらを加えたら約1分煮込み、完成。
5.皿にごはんと4をよそる。

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!



外はすっかり
秋の気候ですが

冷蔵庫をあけると
まだなんだか夏の気配・・・


よく見ると
ありました、若干残っている

めんつゆが。


これから数ヶ月
そうめんを食べる気分になる日は

もうこないだろう、と思い

めんつゆの使い道を考えた末に
思いついたのが和風カレー。


夏を惜しむかのように
具も夏の野菜のなすとおくらで。


なすのおいしさはもちろん
今更ながらおくらのおいしさを

再認識。


おくらのあのネバネバは
水溶性の食物繊維とたんぱく質によって

作られてているものですが、


加熱するとその成分が変化し
ネバネバがとろっとした食感に。


そのとろっと感が
カレーともよく絡み合い

もっともっと入れたくなったほど。


おくらは最後に加えて
さっと加熱するのがポイント。


煮込む必要がない
簡単和風カレー。


夏の名残り、めんつゆが余っていたら
ぜひお試しを!

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
関連記事
スポンサーサイト
おくら | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。