スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
博多万能ねぎたっぷり!豚まん


<材料/6個分>
■生地
薄力粉           200g
砂糖            大さじ1
ドライイースト      小さじ1 
ベーキングパウダー  小さじ1
ぬるま湯          110~120cc

<作り方>
1.ボウルに薄力粉を入れて、砂糖とイーストを隣り合わせに置き
 正反対側にドライイーストを置く。
2.ぬるま湯(40度以下)を砂糖とイーストめがけて注ぎ入れたら
 粉っぽさがなくなり、適度にまとまるまでよくこね混ぜる。
3.ボウルに入れてぬれ布巾で覆ったら、約2倍になるまで発酵させます。
 (夏は約30~40分、冬は40~60分位を目安に)

・・・この間に具を作ります・・・

4.ボウルから取り出し、6等分に丸める。乾燥しないようにぬれ布巾をかけておく。


■具
博多万能ねぎ     1束
豚ひき肉(赤身)   100g
(A)
酒            大さじ1
サラダ油        大さじ1/2
ごま油         大さじ1/2
塩            小さじ1/4
粗引き黒こしょう   小さじ1/4

<作り方>
万能ねぎを小口に切り、全ての材料をよく混ぜ合わせ
6等分にして丸める。


<仕上げ>
生地を直径15センチほどに丸くのばし、具をのせて包む。
1つずつクッキングペーパーにのせて、蒸気が上がった蒸し器で15分蒸す。

※食べきれない場合はひとつずつラップに包んで冷凍を!

※「万能ねぎ」は福岡県のJA朝倉で生産された青ねぎの登録商標です。
 「万能ねぎ」と呼べるのは「博多万能ねぎ」だけ!

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!



久々に”粉モン”遊び♪


以前は手ごねパンに凝っていて
朝食とお弁当に焼き立て自家製パンを食べたくて


朝4時起きして作っていた
あの若かりしころが懐かしい・・・。



今回はパンではないけれど
今の季節にぴったりな肉まん★


具はあれこれ考えずに
ひき肉と万能ねぎと、シンプルに!


好評だった水餃子の具そのものなので
美味しくないワケがない!


作っている間は楽しくて夢中になれるし
出来上がりは美味しいし

とにかく楽しい粉モン遊び。


薬味で使って余った万能ねぎがあったら
是非是非チャレンジしてもらいたい

肉まん。


先日、WEBアンケートの
冷蔵庫でダメにしてしまうものランキングで

不名誉にもねぎを含む薬味関係が
上位にランクインしていたけど


薬味って体にとって効果的な食材。
ダメにするなんてもったいない!


緑の葉の部分が多い万能ねぎは
緑色の部分にカロテンたっぷり。


体を風邪から守るための粘膜を
強化してくれます!


今が寒さのピークだけれど
2か月後にはもう桜の季節♪と考えると

明るい気持ちになれる★


今の寒い季節だからこそ美味しく食べられる
肉まんを作りながら

桜の季節を待ちましょう~♪



▼眠っていたイーストを起こすため
 相性のよい砂糖を横に置き
 ぬるま湯をイーストめがけて一気に注ぎます
砂糖とイーストは隣り合わせで



▼お店のようにうまく包むのって難しい・・・
 何度かやってみてわかったのは、プロのように
 手の上で包もうとせず、台の上に置いて自分が回ること。笑
生地を1点に集めるようにつまんでたぐり寄せます



▼膨らんだ時に具が飛び出ないように
 とじ目はしっかりと閉じます
完成!



▼小さかった生地も
小さな生地が
        ↓↓↓
蒸すと1.5倍位に膨らむので
間隔をあけて並べます
こんなに大きく!

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
関連記事
スポンサーサイト
博多万能ねぎ | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。