スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
博多万能ねぎのまげまげ、塩こんぶあえ


<材料/作りやすい分量>
博多万能ねぎ    1束
塩昆布        適量

<作り方>
1.博多ばんのうねぎは根っこをギリギリのところで切り落とし
 さっと茹でて冷ます。
2.先端の細い部分を1センチほどプチっとちぎる。
 (ぐるぐる巻いている間に出る空気と水分を出すため。)
 1本手に取り、根元の白い部分から4センチの長さに3~4回折り曲げたら、
 残りを端からぐるぐると巻きつける。
3.ボウルに2と塩昆布を入れて、手でざっくりあえる。

※思った以上にぴったり巻きついて、意外とほどけません!
 でも一応、やさしく手であえましょう~
※「万能ねぎ」は福岡県のJA朝倉で生産された青ねぎの登録商標です。
 「万能ねぎ」と呼べるのは「博多万能ねぎ」だけ!

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!



ねぎの”まげまげ”。


九州地方の郷土料理とのことですが


初めて見た時の衝撃、
忘れられませんっ←おおげさ

あのねぎが
こーんなにカワイイ姿に変身するなんて!



最初はうまく巻けなくて
ちょっと焦るけれど

だんだんコツをつかみ
面白くなり調子がでてきたところで


ちょうど終了。


と、
みんな最初はきっと
このパターン。笑



自分でつくると更に愛情が沸き
本当にかわいい★


でも、
愛おしすぎて食べるのもったいなーい!


とは言わず
しっかりいただきます。笑


九州地方では
酢味噌でいただくのが一般的のようですが

私は塩昆布とざっくりあえた
シンプルなまげまげが好き♪


しかし本当に
万能ねぎって茹でると

甘く、独特な歯ごたえになるから
不思議。


薬味としてのイメージが強い万能ねぎが

さっと茹でただけで
こんなに美味しかったの?!と

思ってしまうほど
別ものに変身します!ホントに。


もし、まげまげが面倒であれば(笑)
さっと茹でておひたしでも

美味しさを実感できるので
是非お試しください★



しかし、

作って楽しい
見て愛おしい
そして食べて美味しい、まげまげ。

これを思いついた人ってすごい。
このアイディアにはホント脱帽です!




▼まげまげ、かわゆいっ!
ぐるぐる、かわゆいっ!



▼巻きがほどけないように
 あえる時は手でざっくりと
ざっくり手であえて

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
関連記事
スポンサーサイト
博多万能ねぎ | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。