スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ゴーヤ入りそぼろ

<材料/作りやすい分量>
ゴーヤ         1/2本
ひき肉         100g
ごはん         適量
サラダ油

(A)
オイスターソース    大さじ1
砂糖           大さじ1/2
酒            大さじ1/2

<作り方>
1.ゴーヤは縦半分に切り、種を取り除き3ミリの薄切りにする。
2.フライパンにサラダ油を熱しゴーヤを炒め、しんなりしてきたら
 ひき肉を加える。肉の色が変わったらキッチンペーパーで脂を取り除き
 Aを加えて全体に絡めながらしっかり炒め合わせる。
 炊き立てごはんにのせて召し上がれ♪

※火の通りをよくするために、ゴーヤは2~3mmの薄切りにします。
※調味料を加える前に、キッチンペーパーで脂をきちんと取り除きます。
 こうすることで、味がしっかり絡みます。

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!




ゴーヤ三昧な毎日。

一年のうち、
限られた期間だけ味わえるあの苦味。

たまりませんっ。


でも、
美味しい、美味しい、と
毎日舌鼓を打っているだけでは

野菜ソムリエとして
やはりどーかと思うので、、、汗


改めてゴーヤについて復習~♪


★ビタミンCが豊富!
しかも加熱しても壊れにくい!

★ビタミンC以外の栄養素も熱に強く
 加熱しても栄養価がほとんど変わらない!

★ミネラル豊富で
 疲労回復、むくみに効果あり!

★苦味成分モモルデシンに
 血液サラサラ&血糖値抑制効果あり!


と、体によいこと満載!!



というゴーヤは

以外や以外、
緑黄色野菜ではなく淡色野菜!


一見鮮やかな緑なので
緑黄色野菜と思ってしまうけれど

緑黄色野菜のひとつの基準である
カロテン600マイクログラム満たしていないのです。



ちなみに、カロテン含有量を知らなくても
緑黄色野菜かそうでないかを見分ける方法は、、、


野菜を切ってみる!



断面の色が濃いか薄いかが
判断のポイントに。

※詳しくはこちら⇒【つぶやき】切ってみる



とにもかくにも
苦味がヤミツキになるゴーヤ。


昨日食べても
今日また食べたくなるゴーヤ。


きっとヤミツキになる成分が含まれているに
違いないっ!!






▼調味料を加える前に脂をさっと取り除きます
 脂が多く残ったままだと、調味料が絡まずぼやけた味に
ゴーヤ入りそぼろ1

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
関連記事
スポンサーサイト
ゴーヤー | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。