スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
カロテンたっぷり!博多万能ねぎとささみのスープ


<材料/2人分>
博多万能ねぎ      1束
鶏ささみ          2本
鶏がらスープの素    小さじ2
片栗粉           適量
塩・粗挽き黒こしょう    少々

<作り方>
1.博多万能ねぎは小口に切る。
 ささみは筋を取り除き、そぎ切りにしたら軽く塩こしょうする。
 片栗粉を全体に振り、余計な粉は振り落とす。
2.鍋に400㏄の湯を沸かし、鶏がらスープの素とささみを加える。
 ささみに火が通ったら、万能ねぎを加えて1分ほど加熱する。
3.塩・こしょうで味を調える。

※ねぎの量が多い!と思っても、加熱するとカサが減るので
 丸々1束使います。
※「万能ねぎ」は福岡県のJA朝倉で生産された青ねぎの登録商標です。
 「万能ねぎ」と呼べるのは「博多万能ねぎ」だけ!

※博多万能ねぎについてもっと詳しく!⇒ YouTube 博多万能ねぎ


レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!




最低気温が27度って。。。


朝起きた時点ですでに暑い
この数週間。


そして、
刺すような日差しが恐ろしい

この数週間。


あまりにもの強烈な日差しに
布製のただの日傘から
「99%紫外線カット」というフレコミの日傘に

バージョンアップ!



そして「食」は。

色の濃い野菜を積極的に食べる!を
日々実行。


紫外線を浴びる
→体内に活性酸素が発生!
→光老化である「シミ」や「シワ」に。泣


だったら紫外線を浴びたくない!とは言え、
生活をしていると必ず浴びてしまう紫外線。


避けられない紫外線の影響を
できる限り受けないようにするには

紫外線により生成された体内の活性酸素を除去する!
これが大事!!


そこで有効なのが食事。

抗酸化物質を取り入れることで
活性酸素の攻撃から身を守る

=紫外線の害に負けない体をつくる。


身を守るために有効なのがベータカロテン。
抗酸化作用はビタミンCの約1000倍☆


ベータカロテンは緑黄色野菜に多く含まれているので
とにかく今は色の濃い野菜中心で

「光老化」を遅らせる食生活実行中です!



お手軽でかつベータカロテン含有量が
ダントツトップクラスなのはニンジンですが

実はブロッコリーよりもカロテン量が多い
博多万能ねぎ。

この時期、そうめんの薬味で少し使うだけなんて
もったいなーい!


脇役ではなく主役として使えば
間違いなくアンチエイジングにひと役かってくれる

頼もしい野菜。


2人分で1束使い切り、ですが
もし薬味で使った残りがあれば

是非スープで!


冷蔵庫に眠らせると
鮮度も栄養価も落ちてしまうので

そういう面でも
使い切り、おすすめです!!








▼ささみには片栗粉をうっすらと
 このひと手間で食感が全く変わります!
カロテンたっぷり!博多万能ねぎとささみのスープ1



▼ささみに火が通ったら
 ドカッとねぎを加えてひと煮立ちさせます
カロテンたっぷり!博多万能ねぎとささみのスープ2

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
関連記事
スポンサーサイト
博多万能ねぎ | トラックバック(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。