2013022200


<材料/2人分>
里芋           200g(皮をむいて150gくらい)
博多万能ねぎ     1/2束
鶏がらスープの素   小さじ1~
塩             少々

<作り方>
1.博多万能ねぎは1センチの長さに切る。
2.里芋の皮をむき、1センチ幅に切ったら鍋に入れ、水300ccを加え少し隙間をあけて
 ふたをしたら、中火で竹串が通るくらい柔らかくなるまで茹でる。
3.一旦火を止めて、マッシャーやフォークでつぶし、鶏がらスープの素を加えて良く混ぜ、
 博多万能ねぎも加えてひと混ぜしたら弱火で約1分ほど煮る。
 塩で味を調える。

※里芋を茹でる際、吹きこぼれに気を付けてください。
 深めの鍋がおすすめです。
※里芋は焦げやすいので、マッシュした後は弱火で調理します。

※「万能ねぎ」は福岡県のJA朝倉で生産された青ねぎの登録商標です。
 「万能ねぎ」と呼べるのは「博多万能ねぎ」だけ!

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!




びっくりするほど簡単な
里芋スープ♪


「茹でた鍋の中で
そのままマッシュする。」


これが簡単に作れる
最大のカギ☆

洗い物も最小限に抑えられるのも
嬉しいところ。笑


そうそう、
このテクニック(?笑)は

韓国風 かぼちゃのお粥でも
大活躍でした!



里芋の一番の特徴であるぬめりで
自然なとろみがつくので

特別な作業は特になし。


か、簡単すぎっ!



ちなみに、このぬめりは
免疫力を高める効果があるので

今の時期、風邪やインフルエンザ、
そして今大流行の兆しという風疹!の予防に
もってこい。


それにプラスして。

粘膜を正常に保ち
免疫力を高める効果のあるカロテンたっぷりな

博多万能ねぎを加えて
さらに予防パワーUPなスープに♪


これまた生でも美味しい博多万能ねぎなので
最後に加えて1分であっという間に出来上がり☆



もう少し続きそうな
この寒さといろいろなウィルスたちの流行。


たっぷりの栄養と
たっぷりの睡眠で

このまま負けずに乗り切りましょう!





▼火を止めたらそのまま鍋の中でマッシュ☆
2013022201



▼鶏がらスープの素を加えてざっと味をつけたら
 博多万能ねぎを加えて約1分煮たら完成!
 焦げやすいので必ず弱火で。
2013022202

レシピブログに参加しています★
1クリックしていただけると↓↓↓
レシピブログバナー
励みになります!
関連記事
スポンサーサイト
さといも | トラックバック(0)