スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ほうれん草入りジャージャーペンネ


<材料/2人分>
合びき肉        100g
ほうれん草       1/2束
長ねぎ          1/2本
にんにく         1かけ
しょうが         1かけ
ごま油

ペンネ          160g

(調味料)
テンメンジャン     小さじ1~
酒             大さじ2
赤みそ          大さじ1/2
みりん          小さじ2
しょうゆ         小さじ1
砂糖           小さじ1/2

<作り方>
①長ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。
 ほうれん草は5センチに切る。
 調味料は合わせておく。
 塩を加えた湯で、ペンネを茹でる。
②フライパンに少なめのごま油を熱し、にんにく、しょうが、ひき肉を入れ
 ひき肉の色が変わったら長ねぎとほうれん草を加える。
③ほうれん草がしんなりしたら調味料を加えてしっかり混ぜ合わせ、
 水分を少し飛ばし、火を消してペンネの茹で上がりを待つ。
④ペンネが茹で上がったら③に加えて混ぜ合わせる。

※ペンネの茹で上がりまでに具が出来上がるように茹でるタイミング
 を調整します。
※炒めるとひき肉から油がでるので、ごま油は少なめに。



ほうれん草の旬も終わりに近づいてきました。

一年中手に入るほうれん草ですが、夏のものに比べ甘みも増してビタミンCも3倍になるなど、冬のほうれん草は栄養が抱負でおいしい

野菜はやっぱり旬が大事です。

そんなほうれん草ですが、ひとつだけ欠点が。

アク。

口の中がなんともいえないイヤ~な感じになります

そこで朗報

あのえぐ味を減少させる救世主の登場です。

それは・・・

カルシウム & 油

まずはカルシウム。

アクの成分シュウ酸が食べ物のカルシウムと結合することで、えぐ味を感じにくくなります。

ほうれん草のお浸しにかつお節を添えるのはおいしさだけでなく、えぐ味を感じにくくさせる効果もアリ!で理にかなった食べ方です。

そして油。

油と一緒に食べることで、油のバリアができてシュウ酸をブロック

カルシウム同様、えぐ味を感じにくくなります。

えぐ味が苦手。。。

と、ほうれん草を食べないなんてもったいない!

カルシウムと油。

このふたつとうまくく組み合わせれば、栄養満点&美容効果バツグンのほうれん草をおいしく食べられるので是非一工夫を


▼材料を炒めたところに調味料を加えてひと煮立ち
 あとはペンネの茹で上がりを待つだけ♪
調味料を加えてひと煮立ち


人気blogランキングに参加しています!
ほうれん草好きな方も、苦手な方も、
1クリックしていただけると励みになります!
人気blogランキングへGO!

ありがとうございます★
関連記事
スポンサーサイト
ほうれん草 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
■antさん
はじめまして。
ジャージャー麺、よく作られるんですねe-68
ペンネで作ると、見た目もちょっとオシャレになるので
私のお気に入りですe-266
ほうれん草&ペンネで是非作ってみてくださいe-420
いろいろと具を変えてantさんオリジナルも是非v-278
昨日作ってみました。
はじめまして。

普段うちでも
よく作るメニューなのに(ペンネは入れませんが)いつもイマイチでした・・・

こちらのレシピどおりに作るとおいしく出来上がりました。

野菜を使った料理が多いので参考になります。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。