スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ブロッコリーと大根のゆず胡椒炒め


<材料/2人分>
豚こま切れ肉       100g
大根             8センチ
ブロッコリー        1/2房

粗引き黒こしょう
サラダ油

(調味料)
酒              大さじ1と1/2
ゆず胡椒         小さじ1~

<作り方>
①豚こま切れは食べやすい大きさに切る。
 ブロッコリーは小房にわけ、塩少々を加えた湯でさっと下茹でする。
 大根は乱切りにし、塩小さじ1/2と混ぜ合わせ、10分置いて
 塩をさっと洗い流し水気をしっかり切る。
 調味料はよく混ぜ合わせる。
②フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を炒め、塩こしょうで下味をつける。
③②にブロッコリーと大根を加えさっと炒め合わせ、調味料を鍋肌から
 加えてひと混ぜする。

※ゆず胡椒はメーカーによって辛さが違うので、量は加減してください。



以前、海外旅行に行った時、ビュッフェのメニューで生のブロッコリーが盛られているのを見てとっても驚きました。

これはどうやって食べるの?

茹でたてを味わってもらおうと、横に小さな鍋でもあって、自分で茹でるのだろうか??

とうとう手付かずのまま、味わうことのなかったブロッコリー。

野菜ソムリエの勉強をし、野菜についていろいろと知る機会ができてから、ブロッコリーは生でも食べられることを初めて知りました。

といっても、まだ未体験の生のブロッコリー。

小さな花蕾がぎゅっと詰まっているゆえに、農薬や細菌などがたまりやすく、なかなか生で食べる勇気が出ないもの事実。。。

話によると、無農薬で管理され栽培されたブロッコリーは生でも甘みがあっておいしいとか。

いつかは勇気を出して食べてみたい!

いや、食べてみなくては!!

ブロコリーはカロテン、ビタミンC、ビタミンB2、カルシウム、カリウム、食物繊維etcと、とにかく栄養豊富。

優秀な美容食です

その中でも一番注目したいのが「葉酸」

葉酸は、野菜や果物などに含まれていますが、その中でもブロッコリーに含まれる葉酸の量はトップクラスです

葉酸は、細胞が分裂して新しく増殖する時や赤血球が増殖する時に必要不可欠なビタミン。

ゆえに、元気な赤ちゃんを産むために妊婦さんには必須の栄養素です。

体を作る過程で葉酸は重要な働きをします。

妊婦さんの葉酸不足などが原因で、赤ちゃんの脳や脊髄に障害がおきる「神経管閉鎖障害」。

現在、年間約1500人に1人の割合で発症しているという結果がでているそうです。

葉酸が一番必要とされる時期は、妊娠1か月前~妊娠3か月の間といわれていて、この時期には、葉酸は通常の2倍必要。

健康な赤ちゃんを産むためにも、女性は普段から葉酸をたっぷり摂るよう心がけることが大切です。

茎の部分は捨てがちですが、花の部分と同様に茎にも栄養たっぷり。

ブロッコリーは丸ごと食べる、が正解

茎の部分は、薄めにスライスして、さっとゆでたり、炒めたりといろいろな食べ方ができるので、捨てずに是非ご活用を!

▼大根は塩で軽くもみ、下味をつけると同時に余計な水分を出しておきます
大根は塩を振って軽くもみます


▼ゆず胡椒のかたまりがブロッコリーの房にかからないように
 調味料は鍋肌から加えます
調味料は鍋肌から

人気blogランキングに参加しています!
ブロッコリー好きな方も、苦手な方も、
1クリックしていただけると励みになります!
人気blogランキングへGO!

ありがとうございます★
関連記事
スポンサーサイト
ブロッコリー | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
 ローソンは、5月8日からナチュラルローソンで「葉酸たまご」を使用した関連商品として「ようさんたまごの温泉たまご」「たまごサンド」「しっとり卵のミニむしケーキ2個入り」の3品を発売する。 「葉酸」は水溶性のビ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。