スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

きゅうりとささ身のわさび酢あえ





<材料/2人分>



きゅうり     1本



ささ身      1本



 



(わさび酢)



酢        大さじ1と1/2



砂糖       大さじ1



練りわさび  小さじ1/2~2/3



 



<作り方>



1.きゅうりは斜めの千切りにし、塩小さじ1/2をふって軽くもみ5分置いたら、



 水気をぎゅっとしぼる。



 ささ身は酒小さじ1と塩少々をふり、レンジで約2分加熱し、手で細かく裂く。



 わさび酢はよーく混ぜ合わせる。



2.材料をすべて混ぜ合わせる。



  



・・・ いつも1クリックありがとうございます ・・・ 



人気blogランキングへGO!



 






 



 大人が食べると「甘口」と思うカレーでも、子供が「辛い!」と言うことが度々あります。



 



どれどれ、と食べてみてもやっぱり辛くない。



 



でもこれは子供の正しい反応。



 



人間の舌には「みらい(味蕾)」という味を感じるセンサーがついていて、このセンサーが多いほど、味に敏感になります。



 



子供の場合、このセンサーは舌だけでなく、下の裏、ほほの内側、口の中の上部と、口の中に散らばっています。



なので、子供は味にはとっても敏感。



 



そしてこのセンサーは年齢と共に減っていき、30代では子供の1/3にまで減るとういから、大人との味覚が違ってしまうのも無理もありません。



 



このセンサーが敏感なだけに、子供のころに体験する味はとっても重要な役目をします。



 



0~5歳までの間は味覚の基礎が作られる重要な時期。



 



この時期にいろいろな味を体験し、甘い、辛い、すっぱい、苦い、硬い、柔らかい等々を体で覚えることで、味覚の形成だけでなく心も豊かにしてくれるという相乗効果を生み出してくれます。



 



忙しくても子供の未来を考えると、やっぱりインスタントより手作りが一番。



 



ママの責任は重要。



ママって大変だ。。。



 



私は野菜はもちろん大好きですが、お刺身も同じくらい大好き!



 



子供の頃は、お醤油だけで食べていたけれど、今では当たり前のようにわさびをプラスします。



 



いつの頃からか、わさびナシでは刺身が食べられなくなり、「大人になった証拠だね~」なんて言っていたけれど、これは「みらい」が減り、味に鈍感になったせい?だったのか。。。



 



何はともあれ、今ではわさびは私の大好きな調味料のひとつです。



 



今日は酢の物にわさびのシゲキをプラス☆



 



きゅうりとささ身のわさび酢あえ



 



きゅうりにはビタミンCを壊してしまう酵素「アスコルビナーゼ」が含まれているので、その作用を抑えるお酢と一緒に調理するのが◎。



 



先日の日焼けで、今の私はビタミンCは少しでも多く、効率よく摂取したいので、「きゅうり+お酢」は切っても切れない名コンビ。



 



そして、わさびでキリっと気を引き締め、今週ラスト一日を乗り切ります!



 



ちなみに、わさびが効きすぎてしまった時。



つい、鼻をつまんでしまいますが、これは逆効果。



 



ツンとくるのは揮発性の高い刺激成分のせい。



この成分が鼻に入り、臭いを感じる部分を刺激します。



 



鼻をつまんでしまうと、この刺激成分が鼻の中に残ってしまうので、むしろ息を吸って刺激成分を外へ出してしまったほうが痛みが早く解消されます。



 



でも、鼻をつまんでしまうのは何故だろう?



そういえば嫌いなニンジンを食べるとき、鼻をつまんで食べたっけ。



 



そうすることで味がわからなくなる、ということを自然と体で覚えていて、わさびの時も何故か鼻に手がいってしまうのかな。



 



わさびが効きすぎてしまった時、これからは、つい伸びてしまう手を抑えて一生懸命鼻で息をしましょう~☆






人気blogランキングに参加しています!    

 1クリックしていただけると励みになります!  

 
人気blogランキングへGO!


ありがとうございます★  



そして・・・







関連記事
スポンサーサイト
きゅうり | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
■evecookyさんへ
こんにちは。
わさびのピリっと感、おいしいですよね!私も大好きです☆
そうですそうです、チューブの練りわさび。
賞味期限を見ると???が頭の中にいっぱい。。。
ソルビトールやph調整剤、乳化剤等々、添加物が
使われていることがやはり多いですよね。
もはや「わさび風調味料」。
確かに生のわさびを常備するわけにはいかず、、、
そうなると表示を見て、できるだけ添加物が使われていないもの
を選ぶしか方法なないのかも。
悲しい話ですけどね。。。
料理レシピ紹介サイト ブログでCookin
PING:
BLOG NAME
「きゅうり(胡瓜)キュウリ」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記...
SHIHOさん~
私も(山葵)大好きなのよ
でもチューブのわさびって何が添加されているのでしょう?
生の山葵は香りもお味もいいけど結構なお値段で、いつも常備ってわけにはいかないもんだし、お手軽山葵チューブ。は、各メーカーあまり変化はない。おいしいわさびって・・?
■lu-meiさんへ
こんにちは。
そうなんです、きゅうりにもアスコルビナーゼ!
きゅうりを食べる際には、ぜひお酢と一緒か加熱して、で☆
lu-meiさんも食育ご興味ありですか?
やっぱり手作りでいろいろなものを食べさせてあげたいですよね!
できるかできないかは、ひとまず置いておき;;;
私も気合だけは十分です!!
毎日の料理はそのための練習だと思って。。。
お互い”その日”のために頑張りましょう☆☆☆
■エコエコさんへ
こんにちは。
>少ない材料と簡単な調理・・・
根っからの面倒くさがり屋なので、そういう料理しかできないんです;;;苦笑
でも野菜そのものを活かすを自然とシンプルな調理になったりしますよね!
そういう意味でも野菜が大好きです☆
ご紹介したのはきゅうりとささ身でしたが、エコエコさんのアイディアで、
オリジナルのわさび酢あえも是非作ってみてください~♪
お。きゅうりもアスコルビナーゼが入っているんですね。知らなかった。今度お酢やレモンと一緒に食べます~。
酢の物って本当おいしいですよね。
子供には食育上、色々なものを食べさせたいです。もちろん手作りで。
あ、でも遠い未来の話ですけれどもね。あはは。まだ結婚も出産もしてないので。
いつもながら感心します!
少ない材料と簡単な調理・・
どこからそのアイデアが浮かぶのか不思議です。
早速、今晩のメニューにします(^^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。