スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【ベジフル日記】実るプロジェクトVol.7




ベジタブル&フルーツマイスター協会のイベント



『実るプロジェクトVol.7』



に参加してきました。





”実るプロジェクト”は

野菜ソムリエとしてブラッシュアップをしよう!という

協会が企画してくれている勉強の場。





去年の3月から始まり、今回が7回目。



そして、テーマは



『いろいろトマト&見せ方』





トマト好きな私は、これだけははずせまい、と

気合を入れて申し込み♪





-------------------------------



トマトの話と食べ比べ

トマト料理4種

盛り付けや見せ方、魅せ方のポイント



-------------------------------



という授業内容に、わくわく。






教室に入ると、

テーブルには10種類以上のいろいろなトマトが

並べられていていました。



赤、黄色、オレンジ、緑、白、茶。


そして、にぎりこぶし程度の大きいものから

パチンコ玉ほどの小さいものまで。



いろいろなトマト達を目の前に


テンションはあがるばかり☆





いろいろなトマトたち






早速授業が始まり、まずは今日のトマトについての説明。

続いて、テーブルにある10種類以上のトマトたちを食べ比べ。



その中にあった「石山農園トマト」。



これが本当においしかった!




甘みだけが重視され

甘みと酸味のバランスが両立しているトマトが少ない中

この「石山農園トマト」は黄金比☆



「昔のトマトはこうだった。懐かしい味がするトマト」

と、先生が言ったことが食べて納得。



そうそう!確かに、子供のころ食べたトマトの味!!!






マンガの『美味しんぼ』の7巻の話の中に出てくるほど有名な

この「石山農園トマト」。



ゆえに、多くは有名料理店に出荷され

なかなか一般の人の手元に届くことはないそう。



石山農園トマトを食べられただけでも、

参加した甲斐があった!








そして、授業は料理へ。





実際には作らず、トマト料理のレシピ4品の紹介と試食。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



じゃがいものトマト煮

いろどりトマトのサラダ

トマトとブリーチーズのオープンサンド

トマトの桂花陳酒シロップ煮




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





%いろどりトマトのサラダ&トマトとブリーチーズのオープンサンド






トマトの桂花陳酒シロップ煮






4品すべて、簡単なのに

トマトの味を十分に引き出したおいしい料理☆






しかし、簡単だからこそ基本をしっかりおさえること。

そのちょっとした基本のことが味を大きく左右する、

と先生は力説。





たとえば、西洋の料理。

基本的に砂糖は使わない。



トマトソースであれば



⇒甘みはたまねぎから

⇒砂糖代わりのたまねぎは

じっくりいためてちゃんと甘みを引き出すこと



その他、レシピの「少々」と「適宜」の違い

男性と女性の酸味の感じ方等々。



なるほど!と思う話もたっぷりついてきた

料理の授業。








そして最後に盛り付けの話。





盛り付けの話






料理がきれいに見える盛り方。

そして、お皿。



説得力のある話は


雑誌やCMなどを手掛ける

フードコーディネーター暦30年の先生だからこそ。







気が付くと、あっという間に2時間経ち

終了時間になっていました。





たくさんの種類のトマトを目の前にテンションがあがり

そして、そのおいしさにテンションがあがり。






とにかくトマト大好きな私にとっては

至福の2時間でした。




感動、感動、で肝心なことがちゃんと

頭に入っているかどうか・・・





今回の”実るプロジェクト”への参加を無駄にしないように

ちゃんと復習。




そしてこのブログに活かします!









人気blogランキングに参加しています!    

 1クリックしていただけると励みになります!  

 
人気blogランキングへGO!


ありがとうございます★  




そして・・・

関連記事
スポンサーサイト
【ベジフル日記】 | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
■lu-meiさんへ
こんにちは。
実るプロジェクト、参加されたんですね!
石山農園トマト、ホントに昔懐かしい味でした!!
いつからか、今のトマトの味になれてしまっていましたが
確実に味って変わってしまっているんだな、と感慨深く思ったり。。。
逆にフルーツトマトなど、おいしい品種もたくさん出回るようになったりして。
”野菜事情”も日々変化していますね、本当に。
それを皆さんに伝えていくのも野菜ソムリエの使命ですね☆
おひさしぶりです。
実るプロジェクト参加したんですね。私も昼の会に参加しました。
盛り付け方。すごく参考になりましたよ。それに石山農園トマト。昔懐かしい味でしたね。トマトの酸味がふわ~っと広がるような。
田中先生の本、思わず買っちゃいました。あはは。
これから色々と勉強しようと思います。
■あいやこさんへ
こんにちは。
トマトの授業、トマト好きな私にとって
本当に幸せな時間でした~☆
せっかく良い話を聞いてきたので、
このブログに活かさなくてはいけませんね!
頑張ります!!
トマトの桂花陳酒シロップ煮。
これ、本当においしかったです!
これは簡単だし、彩りもキレイでおもてなしにもGOODです☆
次回お会いしたときに、伝授しますね~♪
■smileさんへ
はじめまして。
>何もつけずに丸ごとガブリ
↑コレ、トマトの一番おいしい食べ方だと思います!
それに一番贅沢な食べ方!!
そして2番目がトマトの煮込みですかね~
野菜をたっぷり!
ホントですね、私も毎日心がけています。
毎日野菜をたっぷり食べていると、
お肉がそんなに食べたくなくなるのは気のせい?
夏に向けてダイエットにも野菜はもってこいですね!
お互いたっぷり!でいきましょう~♪
今日のおはなし、とっても参考になりました!
今後のSHIHOさんのブログがますます楽しみです♪♪
トマトレシピ、どれもきになりますけれど、トマトの桂花陳酒シロップ煮が一番たべてみたいです~!^^
はじめましてデス。こんばんは。
私もトマト大~好きです♪
何もつけずに丸ごとガブリといってしまいます^^ヾ
↑こう食べるのは決まって夏なのですが^^
「野菜をたっぷり!」が今年の目標なので、SHIHOさんのブログを参考にさせていただきま~す^▽^ノ
これからも楽しみにしていますね。
■かつらさんへ
こんにちは。
ホント、楽しい授業でした!
トマト好きな私は、種類豊富なトマトを目の前に
食べたい!でも写真にも納めたい!と口と手が忙しく動いていて
かなり落ち着きのない生徒のひとりだった気が・・・
トマトにお砂糖。
わーーー私も子供のころそうやって食べてました!!
そのおいしさったら今でも忘れられずにいます。
やっぱり子供の頃の”おいしい”という体験って
大人になっても忘れないものなんですね☆
■SOLEさんへ
こんにちは。
サラダ用トマト、トマトソース用トマト?!
わぁーーーさすが本場イタリア☆
トマト好きな私は一度は行きたい国!!
トマト尽くしのツアー組んで、是非行きます!イタリアへ!!
じゃがいものトマト煮は、じっくり炒めた玉ねぎと生のトマト、
そして鶏肉を煮込んだ、オーソドックスな煮込みだったんですが
自然な甘さでホントおいしかったです!
特別な事をしているわけではないのに、あのおいしさは
やっぱり基本に忠実に作っている先生の腕前なのでしょうか。
そんなところも勉強になった”実るプロジェクトVol.7”でした♪
素敵なお勉強会ですね☆
トマトもたくさん種類があるけどやっぱり「昔味」がおいしく感じられるんですね^^
私の祖父は自分で育てたトマトを畑から採って来てお砂糖つけて食べてました>m<
酸味強かったんだなぁ(笑)
SHIHOさん、こんにちは!
イタリアのスーパーや市場にはいろんなトマトの種類が売ってて、サラダ用トマト、トマトソース用トマトなど用途に合わせて売られてるんですよ。
そんなトマト王国イタリアに住んでいるにもかかわらず、あまりトマトレシピを持たない私。
是非、SHIHOさんのトマトレシピを載せてくださいね♪
じゃがいものトマト煮ってどんなのでしょう?なんだか気になります。ふふ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。