スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

----------------------------

Kurkku (クルック)

----------------------------





オーガニック、地球の環境、等々



より良い暮らしのために、アンテナを張っている人達の間で

ひそかにブームのkurkku





一足お先にランチに行った友人から

「とにかく野菜がおいしかった!」との報告。





おぉぉ、やっぱりウワサは本当だったんだ!

私もおいしい野菜が食べたい!と早速行ってきました。





********





お店の紹介にもあるようにメニューはコースがメイン。



季節や天候によって採れる野菜が違ってくるから

グランドメニューはあえて置かない。



野菜は自然のもの、と考えるとこれは当然の流れ。



こんなところから野菜を大事にしていることが伝わってきます。







今回私がオーダーしたのは、野菜だけのコース

『カスビスコース』。



”小さな前菜2品 + 前菜 + メイン + デザート1品 + 飲み物”




お肉を使わないメインって?いったいどんな料理が出てくるのだろう?と期待。





そして、堪能してきた今言えるのは、



「とにかく野菜がおいしい!」





野菜ばかりの料理。料理法はシンプルにグリルが主。



なのに!

なのに「おいしい~」というコトバが何回出たことか。





これは、素材である野菜そのものがおいしい証拠。

友人が「とにかく野菜がおいしかった!」と

言った気持ちがよぉーくわかりました。







私が感動した野菜たっぷりのコース。

一挙大公開☆




 
↓ ↓ ↓





◆お通し&パン◆

いろいろな野菜が練り込まれた焼きたてのパン

そして、奥に見えるのが飴がけプチトマトと野菜の素揚げ。



スタート早々、これから出てくる料理に期待が膨らんでしまうおいしさでした。

特にパンはもちっとしてGOOD☆

お通し&パン







◆小さな前菜2種◆

にんじんとブロッコリーマリネ

小さな前菜2種






そして、新たまねぎのブランマンジェ。

玉ねぎの甘さだけで作られた、けどまったく”野菜”を感じさせない、

新感覚のブランマンジェ。

このおいしさ、衝撃的☆

前菜







◆前菜◆

い、いったコレは?!というほどビックリしてしまった前菜。

野菜の山がこんもりとお皿に2つ。笑

野菜がきれいに、見事に立体的に盛り付けられているのです。

前菜






真横からはこんな感じ。

本当に見事な盛り付け方で、これはもう芸術の域。

こういう野菜の見せ方もあるのか、と勉強にもなりました。



15種類は使っているだろうこのみごとな前菜に拍手!!

前菜に拍手







◆メイン◆

前菜のボリュームに、あれがメインだったのかと錯覚してしまったのですが

メインはこちらでした、白アスパラのグリル。



このアスパラガスが大きい!

そして、その甘さに、う~ん感動☆☆☆

友人みんなで唸りました。。。



そして付け合せのトマトのグリルも、果物並の甘さでビックリ!

桃かと思ったくらい。いや、本当に!



野菜をグリルして、生野菜を添えて。

決して難しいことはしていないのだけれど

素材そのものの味を生かすだけでこれだけのおいしさって、スゴイ!


メイン







◆デザート◆

ここまでくると、野菜だけだったのに苦しいくらいお腹が一杯。

でもでも、デザートはやっぱり別腹♪



数種類の中からチョイスした、クリームブリュレ☆で〆。

クリームブリュレ






こうやって思い出すだけでも、また行きたくなるほど

大満足な野菜料理のコースでした。









「とにかく野菜がおいしかった!」




私同様、この言葉につい反応してしまったという方。笑





お値段的にちょっと贅沢なコースですが、、、

でも、それだけの価値は絶対あるので是非行ってみてください!





最近はウワサがウワサを呼び、大人気なので

早めの予約がオススメです☆








人気blogランキングに参加しています!    

1クリックしていただけると励みになります!  

 
人気blogランキングへGO!


ありがとうございます★  



そして・・・

関連記事
スポンサーサイト
【ベジフル日記】 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。