スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
春キャベツと肉味噌のトルティーヤ


「ベジフル春の行楽弁当レシピコンテスト」のレシピ公開第2弾。
「春キャベツと肉味噌のトルティーヤ」をご紹介いたします。

今回のお弁当メニューを決める際、テーマが行楽弁当ということだったので、わざわざ取り分けたりする必要がなく、ひとりひとり手軽につまめるようなものにしようと考えていました。

そこでメニューに取り入れようと思いついたのが「おやき」。

春キャベツなどたっぷりの野菜を使い、中華風に味を付けた具を、小麦粉で簡単に作ることができるおやきの皮で包んでしまおうと考えていました。

締め切り前日。
今日は何が何でもお弁当を完成させなくては!とお買い物リストを手にスーパーで買い物をしていたところ「トルティーヤ」が目に飛び込んで来ました。

!!!

おやきなんて手が掛かるものなんて辞めて、これでキャベツを包んでしまおう!!
散々考えたおやきはあっさりと却下され、トルティーヤの採用が決定。

おやきに比べてると、とーっても簡単にできてしまい、そしてカロリーも大幅ダウンの、1品の出来上がりとなりました。
普段トルティーヤなど見もしなければ、手にもとったことさえないのに、その時何故か近寄って思わず手にとっていたのは運命だっんでしょうか。とっても不思議な出会いでした。

春キャベツの千切りと肉味噌をトルティーヤでくるくるっと巻く。これだけ。

甘辛く、豆板醤をピリっと利かせた肉味噌は、レタスにくるっと巻いて食べてもとってもおいしい!
蒸したキャベツにかけても◎。千切りにしたきゅうりと食べても◎。
淡白な野菜にとても合うので、この肉味噌があると野菜をたっぷり食べることができます。

春に出回る春キャベツは水分が多く、葉が柔らかいので、生で食べるのが一番おいしい食べ方です。
春キャベツのおいしさを目いっぱい楽しむためには、おやきの具にせず生のまま食べられるトルティーヤにして大正解でした。

キャベツは淡色野菜の中ではビタミンCが豊富で、大きめの葉を2~3枚食べると1日の必要量がとれます。
ビタミンCは芯のまわりに多く含まれているので、芯も残さず使うときれい効果がUPします!


<材料/4人分※お弁当用の分量です>
トルティーヤ          2枚
キャベツ            2枚
にんじん            2㎝
サニーレタス         2枚

(肉味噌)
  豚ひき肉        100g
  しょうが         1/2かけ
  にんにく         1/2かけ
  ねぎ           1/2本
  豆板醤         小さじ1
(調味料)
  赤味噌        大さじ1/2
  砂糖         小さじ1/2
  しょうゆ        小さじ1
  酒           大さじ2
  みりん        小さじ2
サラダ油        

<作り方>
① キャベツとにんじんは千切りにし、軽く混ぜ合わせる。
しょうが、にんにく、ねぎをみじん切りにする。
② サラダ油を熱し、しょうが、にんにく、ねぎを炒め、香りが出たらひき肉を入れ炒める。
ひき肉の色が変わりはじめたら豆板醤を加えさらによく炒める。
③ 出てきた油を取り除き、調味料を加え煮詰める。
④トルティーヤにサニーレタスを広げ、キャベツとにんじん、肉味噌をのせて巻く。


人気blogランキングに参加しています!
野菜好きの方も、そうでない方も、
1クリックしていただけると励みになります!
人気blogランキングへGO!

ありがとうございます★
関連記事
スポンサーサイト
食と野菜ソムリエの日 | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
「味噌」に関するページを集めました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。