スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

仲間じゃない。




じゃがいもは、「根」ではなくて



「茎」が大きくなり変化したもの。



逆に、さつま芋は 



「根」が大きくなり変化したもの。



どちらも土から掘り出すので

仲間なのかとと思いきや



実は仲間じゃない。





じゃがいもは、ナス科。

さつまいもは、ヒルガオ科。



そっか、そうだった。

根本的に違うんだね。



人気blogランキングに参加しています!    

1クリックしていただけると励みになります!  

 
人気blogランキングへGO!


ありがとうございます★  



そして・・・


【つぶやき】 | コメント(0) | トラックバック(0)

焼肉のお供、サンチュ。




焼き肉のお供、サンチュ。



見た目通り、レタスの仲間。





じゃ、焼き肉のお供にレタスでもよいか。





決してダメなわけではないけれど




焼き肉のような熱いものを包んでも

パリッとした歯ごたえが残る♪



柔軟性があり包んでも破けにくい♪





そんな理由から

焼き肉のお供はやっぱりサンチュがBESTです☆



人気blogランキングに参加しています!

1クリックしていただけると励みになります! 


人気blogランキングへGO!


ありがとうございます★  


【つぶやき】 | コメント(0) | トラックバック(0)

2008043000.jpg




ほうれん草のエグミのもと、シュウ酸。



このシュウ酸がなかなかのクセモノ。



食べると口の中がいやな感じになるのはもちろん、

その他、鉄やカルシウムの吸収を妨げたり

摂り過ぎた場合には健康被害が起こる可能があります。



ただし、これはよっぽど大量に食べた場合のこと。

普通に食べる分にはさほど気にする必要はありません。



でも、気をつけなければならないのは子供の場合。



大人と比べて摂取許容量が少ないので

同じ量を食べても、危険性は「高」。





そのシュウ酸を取り除くためには”茹でる”。

これが最適☆



シュウ酸は水溶性なので、

茹でることで取り除くことができます。



忙しい毎日で少しでも時間短縮をしようと

電子レンジを使うことが多い今のご時勢ですが、



ほうれん草だけは、

たっぷりの湯でちゃんと下茹でをすることが大事です。



特に離乳食などの場合は、使う量が少ないからと

電子レンジで調理してしまうのは危険。





と、

授業でほうれん草について改めて習い、

今さらですがほうれん草の下茹での意味をきちん考えたのでした。。。



・・・ いつも1クリックありがとうございます ・・・



人気blogランキングへGO!


【つぶやき】 | コメント(0) | トラックバック(0)

【つぶやき】 トマピー

2008/04/24 Thu 12:00

2008041600.jpg



一時期、「トマピー」は

トマトとピーマンのかけ合わせであると宣伝されましたが、

これは間違い。



トマピーは、ハンガリアンパプリカといわれる

やや扁平型のピーマンです。



トマトのようにも、ピーマンのようにも見えるピーマン。



で、「トマピー」。





なかなか見かけないのですが



☆糖度が高い

☆果肉がやわらかで

☆ピーマン臭さがなくフルーツ感覚で食べられる



というウワサ。





そして



☆ビタミンCはレモンの2倍

☆ビタミンAとB2はピーマンの数倍





そう聞いてしまったら

食べたくて仕方ない。



いろいろ探してみたけど、

購入できるところが見つからない。



気になる。。。



人気blogランキングに参加しています!
1クリックしていただけると励みになります! 
人気blogランキングへGO!

ありがとうございます★  


【つぶやき】 | コメント(0) | トラックバック(0)
ソラマメ



そら豆のサヤを開いてみると

中の粒は多くてもせいぜい4個。



サヤの大きさのわりには、中身が少なーーい!




そんなそら豆は、ゴミばかりが増えてしまう、と

台所を預かる主婦のからは嫌われモノ。



ならば!と

スーパーではサヤを取って売り始めました。



でも、



サヤから取り出されたその瞬間から

鮮度も栄養価もどんどん落ちていくのは、ご想像の通り。





枝豆も同様。





子供の頃、根っこ付き、そして土までついた

畑から抜いたままの姿の枝豆を、

母がはさみでひとつひとつ切っていたのを思い出します。





手間がかからなく、便利でありがたいけど。





私は、サヤのまんまのそら豆や

根っこ付きの枝豆のほうが嬉しいな。



人気blogランキングに参加しています!    

1クリックしていただけると励みになります!  

 
人気blogランキングへGO!


ありがとうございます★  



そして・・・

【つぶやき】 | コメント(0) | トラックバック(0)

【つぶやき】 青首だいこん

2008/04/09 Wed 12:00


青首だいこん




青首大根。



首の緑色の部分は、栽培時に太陽に当っていた部分。

そう、私たち人間でいうところの日焼け。





白首大根⇒根が地中深く張る性質のため全体が土に埋まる

青首大根⇒地上に伸びる性質があるため土から出た部分が日焼けする





以前は関東は白首、関西は青首が主流でしたが、

今では青首が主流で白首を見つけるのが難しいくらい。





青首大根は



☆病気に強い

☆甘く柔らかい





そして



☆土に埋まっている部分が少ない分、

 畑から引き抜くのが楽~♪





おいしくって食べる側はバンザイ!

収穫が楽で農家の方もバンザイ!





青首大根が主流になったのも納得、です。



人気blogランキングに参加しています!    

1クリックしていただけると励みになります!  

 
人気blogランキングへGO!


ありがとうございます★  



そして・・・


【つぶやき】 | コメント(0) | トラックバック(0)

トマトソースのコクを出すには。。。






トマトのおいしさは、トマトにたっぷり含まれる

うまみ成分グルタミン酸のお陰。



煮詰めると、全体の成分が濃くなり

更にグルタミン酸の味が引き立つことになります。





なので、



おいしいトマトソースを作るためには

焦りは禁物。



時間に余裕を持ち、

しっかり煮詰めることが大事。





それを知ってからは、納得のいくトマトソース

作ることが出来るようになりました☆





なーんだ、そうだったのか。

もっと早くトマトのこと、知っておけばよかった。





今ではトマトと通じあっている。

そんな感じです♪



人気blogランキングに参加しています!    

1クリックしていただけると励みになります!  

 
人気blogランキングへGO!


ありがとうございます★  



そして・・・


【つぶやき】 | コメント(0) | トラックバック(0)

【つぶやき】山クラゲって。。。




「山くらげ」は

”茎チシャ”というレタスの茎を乾燥させたもの。





・・・レ、レタス?!





私はてっきり、茎わかめとかの仲間で海のものだと

勝手に思い込んでいました。






・・・ いつも1クリックありがとうございます ・・・ 



人気blogランキングへGO!



【つぶやき】 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。